高い血糖値を下げる薬について!

高い血糖値を下げる薬について!





血糖値を下げる薬は、「血糖降下薬」と呼ばれています。


それでは、高い血糖値を下げる薬には一体どういったものがあるのでしょう。


まず、血糖値を下げる薬の主な役割は、糖質の吸収を妨げたり、糖の代謝を促したり、インスリンの働きを高めるという事などです。


その時々の血糖値の状況によって、使用する薬は異なるんですが、大きく分けて4つの薬に分けられます。


・α−グルコシダーゼ阻害薬グルコバイ、ボグリボース(ベイスン)薬などです。


食後でなく、食前に服用する薬で、血糖降下薬の中では最も弱い薬と呼ねれているんです。


食物繊維(人間が消化できない難消化性成分をいいます)と同じような働きがある為、糖の吸収を遅くして食後の血糖値上昇を防いでくれます。


・インスリン抵抗性改善薬アクトス薬などです。


食前か食後に、1日一回服用する薬です。


直接インスリンに働きかける作用がある為、血糖値(血液の中のグルコース、ブドウ糖の濃度の値ですね)を下げる効果があります。


・スルフォニル尿素薬アマリール、パミルコン、オイグルコン、ダイアグリコ薬などです。


服用初期は1日1錠で効果が期待出来るのですが、次第に効き目が悪くなり、量が増えていきます。


脾臓に働きかけて、インスリンを分泌させる効果があるでしょう。


・ビグアナイド薬メルビン、グリコラン、ジベトスB薬などです。


最近では、あまり処方されていない薬です。


食欲を減退させる為に、肥満の高血糖の場合に効果があります。


薬には副作用がつきものですので、可能であれば適度な運動と食事療法を上手に取り入れ、徐々に弱い薬へ移行出来るように努める事が重要なのです。











<PR>
【ボーリングのコツ】 ボーリングでストライクを出すには!
手掌多汗症ってつらい?|手汗の対策 もう手汗症は怖くない!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ