糖尿病と血糖値の関係性は?

糖尿病と血糖値の関係性は?





人間は食事をすると、体内で食べ物が分解されて血液中を流れる糖分(糖にも様々ありますが、ブドウ糖であるグルコース、トレハロース、キシリトールなどが有名でしょうか)、つまり、血糖値が上がります。


血液の中を流れる糖分は、身体を動かしたり、脳を動かす栄養源として消費出来るため、普通は食事後は一気に血糖値が上がりますが、その後は徐々に消費できるので血糖値は下がっていきます。


この時、血液中の糖分を分解し、脳や身体の栄養源として供給させる働きを持つインスリンというホルモンによって、血糖は利用されて血糖値が下がっていくのが普通です。


しかし、糖尿病患者の場合、何らかの原因でインスリンが分泌されなかったり、インスリンの量が少なすぎたり、インスリンがうまく働けない、または、分泌されたインスリン(分泌量が低下すると、糖尿病になってしまうこともあるでしょう)では分解しきれないほどの食事量によって、血糖が分解できず、栄養源として利用できない状況に陥っていらっしゃるのではないでしょうか。


この為、常に血糖値が高い状態が続きます。


このように、糖尿病と血糖値には大きな関係性がありますので、糖尿病の検査では血糖値をはかり、その値によっても判断される事となるのです。


特に、朝食前の空腹時の血糖値や、食後二時間以上過ぎた時の血糖値が高い場合には、糖尿病が疑われることになります。


また、使われない血糖は尿として排出される為、尿の中の糖分が増えて尿糖値が上がるので、尿検査で異常が発見される人が多いようです。


でも、尿検査の尿糖値だけでは確実な判断はできませんから、血液検査にて血糖値をはかることになります。











<PR>
神経ブロックで治療する?:腰痛改善!腰痛の治し方を教えています!:So-netブログ
アロママッサージで足やせ? | 足を細くする方法!私はこれで足やせに成功しました!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ