血糖値と血圧の関係性では?

血糖値と血圧の関係性では?





血糖値と血圧。


一件関係なさそうに感じられますが、どちらも高いと危険なものと言う印象の人が多いみたいです。


しかし、医療現場では、血糖値と血圧は密接な関係があると呼ねれているんです。


一般的に、血糖値が高ければ、糖尿病。


血圧が高ければ、動脈硬化や心筋梗塞などの危険が増すことになります。


それらは当然として、別々の病気ですから、血糖値(高すぎると糖尿病の恐れがあるでしょう)と血圧が直接関係しているというわけではありません。


血圧(収縮期血圧・最高血圧と拡張期血圧・最低血圧を測定することで、健康状態を検査します)が高いからと言って、血糖値が上がったり、糖尿病になるという心配はないのです。


しかし、特に2型糖尿病の方は肥満傾向の方が多く、肥満の方は血圧が高い傾向があります。


脂肪によって、血管が圧迫されるからですね。


また、糖尿病(症状を自覚できないこともありますが、死に至る合併症を発症するリスクが高くなります)の方は血糖値(高すぎると糖尿病の恐れがあるでしょう)が多いため、常時血液がドロドロの状態になります。


血液がドロドロだと当然流れにくくなりますから、血圧は上がりやすくなってしまうのです。


このように、血圧が高いことが血糖値をあげたり糖尿病の原因となることはないのですが、その逆はあるという事になります。


ですから、糖尿病患者の場合、その二次症状として「高血圧」「脳梗塞」「心筋梗塞」「動脈硬化(色々なタイプがありますが、アテローム動脈硬化症が最も一般的でしょう)」といった、即命に関わるような合併症を併発することがあり、それらは糖尿病に起因した血圧上昇が原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)となっているのです。


つまり、糖尿病患者にとって、血糖値と血圧はとても重要な値であり、関係性の高い値であるということになります。


それに、血糖値を下げることで、血圧(収縮期血圧・最高血圧と拡張期血圧・最低血圧を測定することで、健康状態を検査します)を下げることも可能になるのは言うまでもありません。











<PR>
フリーキックやコーナーキックを上達させるには? | サッカー上達・サッカー練習方法!
高血圧に効果があるツボ | 塩分を控えて高血圧を改善!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ