低血糖がダメな理由とは?

低血糖がダメな理由とは?





低血糖とは、血液中のブドウ糖の濃度が急激に下がることで、血糖値が60mg/dl以下になった状態のことです。


低血糖は糖尿病を患っている方とは、切っても切れない関係にありますね。


糖尿病の患者さんの場合、食事を抜いてしまったり、食事量が少なかった時や急激に激しい運動をしてしまったり、いつもより多く運動してしまった時によく起こります。


他にも、インスリン注射の量を間違えてしまったり、いつもと違った注射の打ち方をした時等にも低血糖が起こると言われています。


低血糖にも軽度の物から重度の物までありますが、重度になったならね不整脈や心筋梗塞、さらには、昏睡状態に陥る危険性もあるのです。


糖尿病の患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)さんによく見られる症状ではありますが、特に病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)を患っていない健康な方にも低血糖の症状が見られる場合もあるでしょう。


空腹時に、急に手足がぷるぷると震えだしたり、冷や汗や動悸を感じたことはありませんか?それが、低血糖状態にある時の症状と思います。


思い返してみると、いつも食事をする時間に食事が出来ていなかったり、食事の量がいつもより少なかったりしていませんか?健康な方であれば、すぐにチョコレートや飴を食べることで症状は治まるのですが、糖尿病の患者さんの場合には、簡単に症状を治めることが出来ないのです。


意識がある時は自分で砂糖を口に入れたり行う事が可能なのですが、意識がない場合は周囲の方に協力してもらい、無理矢理にでも口の中に砂糖やブドウ糖を入れなくてはいけません。


ですので、糖尿病患者さんの場合は、角砂糖やブドウ糖を常備している必要があります。











<PR>
給料が高い職業につくには? | 30代の転職・中途採用を成功させる!
テニス肘って? | テニス初級・テニス初心者の練習メニュー!



 



 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ