ヘモグロビンA1cとは・・・

ヘモグロビンA1cとは・・・





健康診断などの検査結果ではHbA1cと書かれているのが、ヘモグロビンA1cです。


これは、糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビンA1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)とたいへん密接な関係があるヘモグロビンです。


ヘモグロビンとは、言うまでもなく赤血球の中のタンパク質を指していますが、ヘモグロビンは血液中を流れる糖分と結合しやすいと言う性質があります。


実は、ブドウ糖(低血糖になってしまった場合には、ブドウ糖を摂取すると症状が改善します)と結合したヘモグロビン(酸素分子と結合して、全身に酸素を運んでいます)には幾つかの種類があるのですが、その中でも特にヘモグロビンA1cは、血糖値が高いほど、どんどんブドウ糖と結合していくため、糖尿病検査においてとても重要な意味を持っています。


つまり、ヘモグロビンA1cの値が大きければ大きいほど、体内では高血糖が続いているということになるのです。


一般的な血糖値の検査では、その場の血糖値(食後には上昇します。


なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)を計るだけしか出来ませんが、ヘモグロビンA1cの検査を行えば、過去1〜2ヶ月間の血糖値(血液中のブドウ糖濃度のことをいいます)の状況を把握することができます。


何故なら、ヘモグロビン(突然変畭してしまうと、遺伝子病になってしまうこともあるそうです)の寿命は4ヶ月ほどもあると言われており、その間ずっと体内を流れながら余分なブドウ糖(多くの生き物のエネルギー源になる物質として知られています)と結合しているわけです。


一般的な血糖値の検査では、食前か食後か、または食事をしてどれくらい時間が経っているか等によって、その際の血糖値が畭なるのです。


ですが、ヘモグロビンA1cの検査では、これまでの1〜2ヶ月の間、どの程度余分な糖分が体内にあったのかを知ることが出来るため、本当の意味での血糖値(高すぎると糖尿病の恐れがあるでしょう)の状態を知ることができるという事になります。











<PR>
脱毛サロンの選び方は? | ムダ毛をなくす方法!ムゲ毛を処理してキレイなお肌にしたい!
更年期に起こる病気は? | 更年期を改善させる秘密の方法!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ