肥満は遺伝するのか?

肥満は遺伝するのか?





親が肥満体型だと、子供にも遺伝して、子供も肥満(単純性肥満、病的肥満、症候性肥満、皮下脂肪型肥満といった種類があります)になりやすくなると呼ねれているのです。


親と子供の肥満の発生率を調査した結果からも、肥満は遺伝による影響が大きいこどがわかります。


肥満(単純性肥満、病的肥満、症候性肥満、皮下脂肪型肥満といった種類があります)の原因となる遺伝子には、脂肪の分解を妨げたり、代謝の効率を妨げてしまう「肥満遺伝子」というものが存在します。


肥満遺伝子が多いと、肥満になり易い体質と言えるのです。


ただ、肥満の原因は、三割が遺伝によるもの、残りの七割が生活習慣であると言われています。


肥満(単純性肥満、病的肥満、症候性肥満、皮下脂肪型肥満といった種類があります)遺伝子は遺伝しますが、肥満遺伝子があるからといって、必ずしも肥満(極端なダイエットはリバウンドや拒食症、過食症の原因になりかねません)になるわけではありません。


肥満は、遺伝子との関係以外にも生活習慣(一度に何もかも改善するのは難しいですが、健康によくないことを一つでもやめる・減らす、からだにいいことを一つでも始めるということが大切です)の善し悪しが大きく関わっていると言えます。


血の繋がっていない子供でも、一緒に暮らしていると、同じ割合で肥満傾向にあるというデータもありました。


同じ屋根の下で生活をし、親と同じ食事をとり、親と同様の生活スタイルを送っていることで、親と同じ肥満体型になりやすいためす。


不規則な食生活や運動不足など、親が不摂生をしていたら、子どももそれを真似た生活習慣を送ることとなり、肥満(単純性肥満、病的肥満、症候性肥満、皮下脂肪型肥満といった種類があります)になります。


なので、肥満遺伝子があったとしても、規則正しい生活習慣を送り、バランスのとれた食事に、適度な運動を行っていれば、肥満(体重や体脂肪が多すぎることをいいます)になることはありません。


昔は質素な食事をしていた日本人ですが、近年は食事内容が欧米化してきた事によって、肥満体質(形態的特徴、反応機能上の特徴、心的現象上の特徴の三つを合わせた人それぞれの性質をいいます)の方が増えているものです。


日本人は元々肥満になりやすい遺伝子を多くもっており、中でも全体の二割の人が、体脂肪の燃焼を妨げる遺伝子を持って産まれてくるのだとか。


つまり、誰でも何かしら肥満(原因も人それぞれで、食習慣に問題がある、親からの遺伝で太りやすい、疾患や服用している薬の影響、睡眠不足で太りやすくなっているなどが考えられます)の要素となる遺伝子(親から子、孫へと伝わる形質・性質で、細胞から細胞へと伝えられます)を一つは持っていると考えられています。


遺伝が原因で肥満になる可能性は大いにありますが、肥満にならないように規則正しい生活を送る努力をすることで、肥満を未然に防ぐことができるようになるのです。











<PR>
手汗対策!手汗をかかない方法は!
子供と大人の吃音の違いは? | 吃音(どもり)でお悩みの方へ!吃音の治し方を教えています!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ