甘いものを食べると血糖値が上がるって本当?

甘いものを食べると血糖値が上がるって本当?





甘いものを食べると血糖値が上がるという事を聞いたことはありませんか?甘いものを食べると血糖値が上がるというのは、本当のようです。


甘いものを食べると血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)が上がると考えられる理由は、甘いものにはカロリーが高いものが多いからです。


甘いものの代表のショートケーキをみても、一個250キロカロリー、チーズケーキにおいては一個400キロエネルギーにもなるので、たとえ一個だけでも、かなり血糖値に影響してくると考えられるでしょう。


糖尿病では、血糖値が上がりすぎないように食事制限をし、一日の総カロリーを控えるようにしますので、カロリーの高いあまいものは控える必要があるのです。


しかし、甘いものを食べると血糖値(食後は急上昇しますが、次第に下がってくるというのが一般的です)が上がるからといって、全く食べてはいけないというわけではないのです。


血糖値はストレスを溜めることでも上昇してしまうと言われており、甘いものを食べずに我慢する事により余計に血糖値(血液の中のグルコース、ブドウ糖の濃度の値ですね)が上がってしまうこともあるのです。


どうしても甘いものを食べたい時には、バターや小麦粉、油類などを使用していない和菓子や、フルーツ入りのゼリーなどでカロリーを抑えると良いと思われます。


また、食事の後に甘いものを食べて余分にカロリーを摂取するのではなく、食前に甘いものを食べて満腹中枢を刺激し、食事の量を減らすことで、エネルギーを抑えるという方法も効果的です。


血糖値の急激な上昇を防ぐためにも、甘いものの摂取には気をつけた方がいいかもしれませんよ。











<PR>
ムダ毛をなくす方法!ムゲ毛を処理してキレイなお肌にしたい!
エイトフィギュア投法とアメリカ式ウィンミドル投法の違いについて! | ソフトボールの投げ方と練習方法!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ