食べ物で血糖値を下げることは可能?

食べ物で血糖値を下げることは可能?





糖尿病には食事療法と運動療法と言われるくらいに、糖尿病(血液中のブドウ糖の濃度が高すぎ、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準よりも高いことをいいます)と食べ物にはとても深い関係があります。


普段、私達が何気なく食べているような食材の中にも、血糖値の上昇を抑える働きをする食材が多数存在しているのです。


例えばバナナ。


一年中、いつでも手軽に手に入れることが出来るバナナですが、バナナにはインスリンの働きを活性化させる働きがあります。


また、バナナにはコレステロールの酸化を防ぐ効果もありますので、心筋梗塞や脳卒中(脳血管障害ともいわれており、脳の血管が詭まったり、破けて出血することやそれによって起こる症状をいいます)の予防にも効果的です。


食物繊維(たくさん含まれた食べ物をとることで、便秘の改善に繋がります)やビタミン、ミネラルもたっぷりと含まれるため、一日1本食べれば十分になるはずです。


あまり食べ過ぎると、逆にカロリーオーバーとなってしまうので注意してください。


他にも、玉ねぎは血糖値を下げる効果があったとされていて、糖尿病には効果が期待できると言われている野菜の代表格ですし、アロエにも薬のような効果があり、糖尿病にも威力を発揮します。


それに、お酢には炭水化物(摂り過ぎると糖尿病に繋がるといわれています)の吸収を遅らせて血糖値の上昇を抑えてくれる働きがあるので、酢が苦手でなければ酢の物を積極的に摂るようにしましょう。


毎日食べている白米を玄米に替えてみるのも効果的です。


昔と違って、今ではふっくらと炊き上がるすごく美味しい玄米や、様々な雑穀を混ぜ合わせた雑穀米などがたくさん売られています。


以上のような食材を毎日の食事に上手に取り入れて、少しでも美味しく食事療法が続けられるといいですね。











<PR>
記帳は自分でやる?記帳代行を頼む? | 個人事業主・開業するには?
英語教室「GABAマンツーマン英会話」の特長! | 英語を覚える方法!英語を話すには!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ