血糖値が高いとなぜいけない?

血糖値が高いとなぜいけない?





血液中の血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)が高い場合には、よく「糖尿病に気をつけましょう」と言われますが、それではこの「血糖」とは一体何なのでしょう。


血糖とは、毎日の食事によって私達の体に吸収されるグルコース(ブドウ糖)の事を言い、活動のエネルギーとして使用されているのです。


この血糖が体内にあるインスリンホルモンと結合する事によって、血液中から細胞へエネルギーとして取り込まれる仕組みになっているのです。


このインスリンホルモンの分泌量が少なかったり、インスリン(糖質、タンパク質、脂質の代謝を促進するといわれています)ホルモンが上手く機能してくれなかったりすると、血液中の血糖が細胞へ取り込まれなくなり、結果として血糖の値が高くなります。


この血糖値が高くなると、糖尿病の他にも以下のような様々な症状が現れる恐れがあります。


・体が疲れやすくなる血糖値が高い場合には血液もドロドロになり、全身の血液の流れが悪くなります。


そのため、体の細胞にも酸素や栄養が行き届かず、体が疲れやすくなったり、倦怠感(貧血が原因で倦怠感が起こっている場合には、朝起きた時や生理の際に倦怠感が増すでしょう)を感じたりするようになったりする為す。


それに、動脈硬化も進んでいく可能性があります。


・肥満になりやすくなる活動エネルギーとして体に取り込まれた糖分以外は、脂肪細胞へと送られて体脂肪として蓄えられます。


これが続くと、皮下脂肪が増えていき、肥満になりやすくなるのです。


・病気になりやすくなる血糖値が高いと、血液がドロドロになりますが、このことが原因で細胞が酸化していきます。


細胞が酸化すると、体内の免疫機能も徐々に低下していき、ウイルスや菌などに感染しやすくなり、結果として病気になりやすくなるみたいです。











<PR>
めまい対処法・めまいを改善させる!
えがおの爽臭粒の口コミ情報! | 息が臭い?口臭を消す方法を教えています!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ