糖尿病になると頻尿になるのか?

糖尿病になると頻尿になるのか?





糖尿病と頻尿の関係について考えてみましょう。


糖尿病(血液のブドウ糖を一定に保つホルモンの働きに何らかの要因で畭常が生じることにより発症すると考えられています)とは、血糖値が下がらなくなる病気です。


普通、食べ物を食べると、体内で糖分に分解され、血液中の糖分の濃度が上がりますが、その糖分(糖質とも呼ねれます)は日常の様々な作業に使われるエネルギーとしてどんどん消費されますから、血糖値(食後には上昇します。


なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)は徐々に下がっていきます。


ですが、糖尿病になってしまった場合には、常に血糖値(血液中のブドウ糖濃度のことをいいます)が高い状態が続いてしまうんですね。


つまり、血液中を常に多?の糖分(糖分を控えるだけでなく、どんな糖を使うのかも大切です)が流れている状況です。


ドロッと濃い血液の状態が続いてしまいますから、血行が悪くなります。


その状況を改善して、少しでも血液の流れを良くするために、濃い血液を薄めようと、身体は水分を欲するようになるでしょう。


一種の身体の防衛本能のようなものでしょう。


糖尿病の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)の一つに、「喉の渇き」があるのは、こういう理由からなんです。


血糖値を薄めるため、ドロッとした血液を正常に戻すために、身体が水分を求める症状みたいです。


糖尿病患者は頻繁に喉の渇きを感じるのですから、当然、水分摂取量が増えることになります。


水分の摂取が増えれば、その分だけ出す量も増えるのは言うまでもありませんよね。


膀胱にためられる尿の量は、男女差や体格の違いによっての違いはありますが、大体決まっています。


ですから、膀胱がいっぱいになる回数が増える=尿意をもよおす頻度も増えると言うことなのです。


こんな理由から、糖尿病になると頻尿になると言われているわけです。











<PR>
レシーブのコツ・上達方法は? | 初心者の卓球講座・卓球を上達させるには!
子供のいびきは大丈夫なのか? | 旦那のいびきを改善させる!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ