糖尿病なら酒やタバコはダメ?

糖尿病なら酒やタバコはダメ?





糖尿病では、お酒やタバコはダメなのでしょうか?結論からいうとダメです。


では、なぜダメからなのでしょうか?まず、お酒の方から説明しましょう。


お酒は百薬の長とも言われ、適度な飲酒は体に良いとされています。


しかし、多くの場合、適度で止められない人がほとんどですね。


特に、生活習慣病である2型糖尿病患者には、過剰飲酒の傾向が見られます。


つまり、適度て止められないからダメと言うことです。


お酒の過剰摂取は、当然、体内の糖分を増やしますし、内臓に負担をかけますから、糖尿病患者が陥りやすい合併症(ある病気が発端となって、別の病気を発症してしまうことをいいます)の引き金になることが指摘されています。


また、タバコがダメなのも同じ理由です。


そもそも、タバコは百害あって一利なしと言われており、喫煙は身体に害を与えます。


タバコを吸うと、血管が収縮します。


血管が収縮すると血行が悪くなると思います。


糖尿病患者(そのほとんどは生活習慣が原因であるといわれています)が陥りやすい合併症には、網膜症・腎症・神経症・動脈硬化(糖尿病や高血圧、喫煙、過度の飲酒、脂質畭常症などが原因で起こるといわれています)・足壊疽など、血流が悪いことが原因で起こるものが多いですよね。


タバコは、それらの症状を悪化させる効果が非常に高いということになります。


糖尿病(血液のブドウ糖を一定に保つホルモンの働きに何らかの要因で畭常が生じることにより発症すると考えられています)に悪いというよりは、糖尿病から発症しやすい合併症のリスクが余計に高まるというのが正解でしょう。


御存知の通り、糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビンA1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)の合併症は命に関わるものが多いでしょう。


そのため、糖尿病の治療は合併症防止が目的と言っても過言ではありません。


そういう意味合いからしても、お酒とタバコはダメだと言わざるをえないのです。











<PR>
ドライブ型とカット型のスタイルでは・・・ | 初心者の卓球講座・卓球を上達させるには!
ヘナって安全ですか? | 白髪の原因は?白髪の予防と改善!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ