糖尿病は遺伝するのか?

糖尿病は遺伝するのか?





身内に糖尿病の者がいると、糖尿病(改善するには、食生活の改善と運動、時には、薬物療法も必要でしょう)になりやすいと耳にした事があると思います。


病院の問診票でも、近親者に糖尿病や癌になった人がいるか回答する欄を見かけますよね。


それでは、糖尿病は本当に遺伝するのでしょうか?糖尿病には、T型糖尿病とU型糖尿病とがあり、日本人に多いのがU型糖尿病です。


T型糖尿病とは、何らかの理由でインスリンが分泌できなくなり、それによって高血糖状態が続く病気です。


一卵性の双子でも、一方が発症したとしても、もう片方が発症する可能性は半分にも満たないようで、遺伝子のみが発症の原因となるとは考えにくいのです。


T型糖尿病よりも、U型糖尿病のほうが遺伝性が強いと言われています。


U型は何らかの原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)でインスリンが分泌不足になったり、作用が落ちることにより、高血糖状態が続きます。


ただ、遺伝子だけが原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)というよりは、なりやすい体質(遺伝や環境にも左右されますが、本人の努力次第で変えられることもあります)を受け継いでいるといった方が正しいでしょう。


遺伝子的要因に加えて、運動不足や暴飲暴食、ストレス、疲労、加齢などの要因が重なり、糖尿病を引き起こします。


実際に、近親者に糖尿病の人がいなくても、発症する人も少なくないのです。


ということは、逆にいえば、糖尿病になりやすい体質(遺伝や環境にも左右されますが、本人の努力次第で変えられることもあります)であったとしても、日常生活を健康的に過ごせば、糖尿病にならずにすむということになりますね。


近親者に糖尿病の方がいるのなら、糖尿病(改善するには、食生活の改善と運動、時には、薬物療法も必要でしょう)の兆候が現れる前から、日常から食事生活に気を付け、適度な運動を心掛けた方が良いでしょう。











<PR>
【ボーリングのコツ】 ボーリングでストライクを出すには!
ヘナって安全ですか? | 白髪の原因は?白髪の予防と改善!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ