インスリン治療の基本(痛い?頻度は?料金は?)

インスリン治療の基本(痛い?頻度は?料金は?)





糖尿病の治療には、血糖値を下げるためにインスリン治療を行うことがあります。


インスリン治療はインスリン製剤を注射器を用いて、自分で皮下注射するものです。


インスリン治療では注射器を使うので、痛みが全くないということはないでしょう。


しかし、昔と比べると改良が進み、以前は0.4ミリ程の針だった注射器が、今は0.2ミリ程の針になっているため、痛みも蚊に刺された程度と表現する人もいるくらい軽量のものとなっています。


使用される注射器も、使いやすいようにペンタイプが主流となっていて、抵抗感も少なくなっていると言えるのではないでしょうか。


インスリン(グルコースやアミノ酸の取り込みを促進したり、タンパク質の分解を抑制したりと様々な働きを担っています)治療の頻度は、病気の症状や患者さんによっても異なりますが、基本的には食事による急激な血糖値の上昇を防止するために、食事毎に使用することが多いです。


現在は、薬剤にも色々な種類が用意されており、1日一度の治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)で良い事もありますので、治療の頻度については病状に合わせて医師と相談するといいでしょう。


インスリン治療の費用は、健康保険が適応されますが、3割負担になったとしても、在宅注射管理料や血糖自己測定器などで、毎月4000円〜6000円程度は必要になってきます。


この他にも、検査や処方されてる薬の種類により、多い人では治療費に2万円程かかる人もいるそうですよ。


インスリン治療の痛みや多額の治療費、治療の手間を考えると、まずは糖尿病にならないように予防していきたいですね。


もし、糖尿病(血液中のブドウ糖の濃度が高すぎ、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準よりも高いことをいいます)になってしまっても、早めに改善する努力をした方がいいかもしれません。











<PR>
猫背の治療方法は? | 【猫背・改善】猫背の治し方!
デイトレ向きのFX口座は? | FXのリスクとリターン!初心者がFXで稼ぐには?



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ