子供も糖尿病になるって本当?

子供も糖尿病になるって本当?





最近は、子供(出生率が下がっているといわれて久しいですが、保育園などが少なくて、育児環境が整っていないこともその一因でしょう)でも糖尿病になる子が増えているなんてニュースを見ることがありますよね。


これまで、子供の糖尿病は、そのほとんどが1型糖尿病でした。


先天的、もしくは、何かの理由によって、体内でインスリンを作る機能が低下する、または、麻痺してしまい、そのために摂取した糖分を分解できないというタイプの糖尿病(一言でいうと、血液中の糖濃度が高すぎるという症状です)です。


まだ人々の暮らしが豊かではなかった頃、糖尿病といえば、この1型糖尿病でした。


このタイプの糖尿病は、一日に何度かインスリン注射を打たなければならず、また常に糖分を摂取していなければなりません。


以前は、子供の糖尿病とは、そのようなものだったのです。


ところが、近年、増えていると言われている子供の糖尿病は、大人の糖尿病(血液中のブドウ糖の濃度が高すぎ、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準よりも高いことをいいます)と同様に、生活習慣病の2型糖尿病なのです。


これはもう完全に、「親に責任(具体的には色々な取り方があるものですが、辞任する、辞めるという取り方も少なくないですね)がある」としか言えません。


親が子供の命を危険に晒してしまってはいっても過言ではないんですよね。


子供の2型糖尿病では、やはり、過食(食べすぎは肥満につながってしまいます)で肥満体質の子が多いという傾向があり、また、偏食だったり、おやつなどの糖質のとりすぎが原因であるケースがほとんどです。


糖尿病は命の危険がある合併症のリスクが常につきまといらっしゃるので、これからの長い将来の全てを、そのような危険なリスクを背負って生きなければならなくなるのです。


ですから、子供の2型糖尿病は必ずしもあってはならないことです。


子供の将来を親が潰してしまう、子供の命を親が削ってしまうことのないよう、両親はしっかり自覚をもって子供を育てなければなりません。











<PR>
ネイルケアについて! | 【女子力アップ】女子力UPさせよう!
初デートで嫌われないようにするには? | デートに誘う方法・初めてのデートは!(女性限定)



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ