しっかり血糖値を測るにはどうする?

しっかり血糖値を測るにはどうする?





血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)を正確に測るには、安静にしてから測ると良いでしょう。


血糖値は、測る前の状態で数値に影響が出ると言われています。


特に、前日に食べ過ぎたり、飲酒をしたり、測定前に激しく動いたりすると、血糖値が上昇してしまい、血糖値を正確に測る事が出来てないのです。


また、血糖値というものは、食後2時間後あたりが一番上昇すると言われているため、血糖値の測定を空腹時に行うことで、日頃の血糖値の状態をより正確に知ることができるでしょう。


血糖値の測定は病院でのみ、行うものだと思っている人も多いのではないでしょうか?しかし、今は家でも血糖値測定器を使うことで、自分で簡単に血糖値を測定できるようになりました。


血糖値測定器で正確な血糖値を測るには、本体に合った血液を採取する、血液の出が悪くても絞り出さない、消毒液をしっかりと乾かしてから採血をするなどの注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)事項があります。


これらの測定時の注意(怠ると取り返しのつかないような事態を招いてしまうこともありますね)事項を守ることで、より正確に血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)を測定することができるでしょう。


ただ、糖尿病において、もっと正確に血糖値を測りたい時には、やはり、病院で血糖値を測るのが一番いいですね。


病院では、空腹時や食事後2時間での測定、ブドウ糖負荷試験など、自分で測定する時には困難な血糖値の検査なども可能となっているんです。


病気の診断や定期的に状態をみるため、より正確な血糖値を知りたい時には、病院で血糖値を検査すると良いでしょう。











<PR>
更年期障害は男性もある? | 更年期を改善させる秘密の方法!
30代の平均年収はどれぐらい? | 30代の転職・中途採用を成功させる!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ