糖尿病の検査方法について!

糖尿病の検査方法について!





糖尿病かどうかを調べるための検査方法には、どんなものがあるのでしょうか?糖尿病(症状を自覚できないこともありますが、死に至る合併症を発症するリスクが高くなります)と言う名前が表わすように、糖尿病は尿に糖が出る病気ですから、尿に糖が出る=血液中の糖が高いと言う事ですね。


なので、糖尿病の検査としては、血糖値を調べる必要があります。


食事をすると糖分を摂取することになるため、当然、空腹時よりも食後の方が血糖値が高まるでしょう。


しかし、健康な人であれば、インスリン(グルコースやアミノ酸の取り込みを促進したり、タンパク質の分解を抑制したりと様々な働きを担っています)が働くので、血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)が過度に上昇することはありません。


基準値としては、空腹時で70〜109mg/デシリットル、食後2時間で140mg/dl未満です。


これを超えると糖尿病の疑いがかかります。


この検査で、空腹時血糖126mg/dl以上、食後2時間血糖が200mg/dl以上になると糖尿病の疑いが濃厚です。


この検査で引っかかった場合、ブドウ糖(果実や蜂蜜、体液の中に存在し、常温では白い結晶です)負荷試験(75gGTT検査)を行います。


これは、75gのブドウ糖を摂取することによって、血糖値やインスリンの上がり具合をみます。


通常は摂取前・摂取後(30分・60分・120分)と計4回調べます。


その他にも、HbA1c(糖化ヘモグロビンA1c)といって、赤血球のヘモグロビンのうち、ブドウ糖(血液中の主な糖成分で、動植物が活動する際のエネルギーの一つです)と結合しているヘモグロビンの割合を調べる検査を行うこともあります。


血糖値は食事の影響を受けやすいだからって、これは食事の影響を受けにくく、一ヵ月から二ヵ月前の血糖値の状況を反映します。


そのため、血糖が上手くコントロールされているかの指(爪が伸びていると、時に凶器にもなります)標になるのです。


それ以外にも、CPRやフルクトサミン、グリコアルブミンなど様々な検査方法があります。











<PR>
人前で緊張しない!あがり症を克服する方法!
女性恐怖症、先端恐怖症とは? | 対人恐怖症などの恐怖症を改善して治す!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ