血糖値の正常値や平均値について!

血糖値の正常値や平均値について!





血糖値(清涼飲料水を飲み続けると、血糖値が上がりすぎてペットボトル症候群になってしまうでしょう)は、正常値や平均値が決められているでしょうね。


血糖値の正常値や平均値は、年齢や性別をはじめ、様々な要因によって血糖値(清涼飲料水を飲み続けると、血糖値が上がりすぎてペットボトル症候群になってしまうでしょう)が変化することを考慮して、決められた値です。


血糖値(血液中のブドウ糖濃度のことをいいます)の正常値は一般的に、空腹時に測定した時のもので、空腹時において100r/dl未満が正常値とされています。


また、血糖値は食後2時間後に上昇すると言われており、この上昇を考慮して食後2時間後の血糖値の正常値は、140r/dl未満となっているのです。


空腹時の血糖値が100r/dl未満という正常値を超えてしまった場合や、食後2時間の時点で血糖値が140r/dlを超えてしまっている場合には、病院でさらに詳しい検査を受けた方がよいでしょう。


血糖値は、100r/dl未満が正常とされているのですが、平均値は年齢や性別によっては少し畭なってくるのです。


20歳〜29歳の平均値は、男性が90r/dlで、女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)が89r/dlとなっており、40歳〜49歳の平均値は、男性は98r/dlで、女性が96r/dlと思います。


年齢が上がるにつれて、血糖値の平均も上がっていき、70歳以上では男性が108r/dlで、女性が112r/dlとなっているようです。


血糖値を測定したら、自分の年代と比べたらみてはいかがでしょうか。


血糖値(食後には上昇します。


なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)が自分の年代の平均値や、正常値を上回る人は、血糖値をコントロールし、糖尿病の悪化を防ぐようにするとよいでしょう。











<PR>
効果のある頭皮マッサージのやり方! | 薄毛・抜け毛の対策ならこれ!
食道性逆流炎に効く漢方薬は?: 食道性逆流炎の治し方を教えています!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ