血糖値を漢方で改善できるのか?

血糖値を漢方で改善できるのか?





漢方薬と聞くと、病院で処方される薬や市販されている薬と違い、副作用の心配もなく長期間不安がなく飲めると言ったイメージはありませんか?糖尿病は完治することがむずかしい病気で、長期間にわたる薬の内服やインスリンの注射が不可欠となってきます。


このような慢性病と言われている症状に、副作用の心配がない漢方薬はとても向いていると言えるでしょう。


糖尿病の初期の段階で、まだ食事制限や運動を行うことで様子をみているような状態であれば、漢方薬を利用し血糖値をコントロール(スポーツなどではひたすら練習することで身につくはずです)することは十分に可能ですので、糖尿病の進行を遅らせることも出来ます。


インスリンは分泌されていても、その作用が低下しているようなインスリン(すい臓から分泌されるホルモンで、グリコーゲンの合成を促進する働きがあります)非依存型の糖尿病の場合にも、薬物療法と併用して漢方薬を効果的に利用する事ができるでしょう。


ただ、インスリンがほとんど分泌されていないで、常にインスリンを用いているような場合には、残念ながら漢方薬では血糖を下げる効果は期待出来ないでしょう。


けれど、合併症予防や現在の体調を維持するという目的であれば、漢方薬を利用することにも意味があるようです。


漢方薬には、いわゆる西洋薬に比べると劇的に血糖値を下げる力はありません。


しかし、薬による低血糖を引き起こす心配もなくて、安心して長期間の服用が可能です。


また、身体の中から体調を整えてくれる働きも期待できます。


糖尿病の合併症(合併症を防ぐためにも、なるべく早く体の不調、疾患などを治療した方がいいでしょう)を予防するためにも、漢方を上手に利用してみてはいかがでしょうか。











<PR>
手汗の対処!法と対策は?手汗の原因はコレ!手汗を止める方法を教えてます!
胃がんの治療方法は・・・ | 胃がんは完治できる?胃がんの治療!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ