アルコールを摂取すると血糖値が上がる?

アルコールを摂取すると血糖値が上がる?





糖尿病(先進国ほどたくさんの患者がいるため、生活習慣が原因だといえるでしょう)を患ってしまったら、医師から「アルコールは禁止してください」と言われてしまうと思います。


では、アルコールを摂取すると、血糖値にどのような影響があるのでしょうか。


まず、アルコールを摂取することによって、低血糖に陥ってしまう危険性があります。


糖尿病の人は、血糖値をコントロールするためにインスリンや血糖値を下げる薬を使用していることが多いですよね。


アルコールを摂取することでインスリンや薬の効果が長引いてしまい、その結果、血糖値(血液中のブドウ糖濃度のことをいいます)が大幅に下がってしまうのです。


また、肝臓がアルコールを分解するためには、糖分が必要とされます。


そのため、インスリンや血糖降を下げる薬を利用して、血糖値が下がっている状態でアルコールを摂取すれね、活動に必要な糖分までアルコールの分解のために利用されてしまい、低血糖の状態になってしまうんです。


それに、まだ糖尿病(自覚症状はあまりないことが多いですが、合併症により深刻な後遺症が残ったり、死に至ることもあります)と診断されていない人がアルコールを摂取すると、今度は血糖値を上げてしまうケースもあるでしょう。


日本酒やビールなどは、あなたが思っている以上に糖分(単糖、二糖、少糖など、色々な種類があります))やカロリーが高い飲み物ですので、何杯も飲んでいるといつの間にか血糖値が急上昇してしまうことがあるのです。


このように、アルコールはたしなむ程度であれば、ストレス解消にも健康にも良いとされていますが、飲む量を間違えてしまうと大変なことになってしまいます。


やはり、糖尿病と診断されたら、アルコールは出来るだけ避けた方があなたの健康のためにも良いと言えるでしょう。











<PR>
学習障害の子の就職はどうする? | 【発達障害の症状】発達障害の子供を育てるには?
ミスパリ・痩身ダイエットの評判 | 体脂肪を減らしてお腹を引き締める!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ